show vtp status

Catalystのshow vtp statusコマンドについて、構文や表示された結果の見方を表示例交えて説明しています。

説明

 show vtp statusコマンドでVTPモードやVTPドメイン名等を確認する事が出来ます。

構文

 show vtp statusコマンドの構文は以下の通りです。

show vtp status

表示例

 show vtp statusの表示例は以下の通りです

Cisco# show vtp status
VTP Version capable : 1 to 3
VTP version running : 1
VTP Domain Name : test
VTP Pruning Mode : Disabled
VTP Traps Generation : Disabled
Device ID : ffff:1111:ffff
Feature VLAN:
--------------
VTP Operating Mode : Server
Maximum VLANs supported locally : 1005
Number of existing VLANs : 2
Configuration Revison : 12
<略>

 上記ではVTPドメイン名はtest、VTPモードはサーバーに設定されています。VTPモードは他にはクライアント、トランスペアレント、オフがあります。

 RevisionはVLANの更新があった版数で、数字が大きい方が新しい情報と判断されます。このため、2台のスイッチを接続してVLAN情報が異なっている場合、この数字が大きい方のVLAN情報が反映されます。

利用可能なモード

・特権EXECモード

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加