vlan

Catalystのvlanコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 vlanコマンドを使うとVLANを作成し、VLANコンフィギュレーションモードに移行します。

vlanコンフィギュレーションモードの説明

 VLANコンフィギュレーションモードではVLAN名等を設定出来ます。

 VTPモードがサーバーの場合、作成したVLANが他のスイッチにも反映されます。

 又、VTPモードがクライアントの場合、VLANを作成出来ません。

構文

 vlanコマンドの構文は以下の通りです。

vlan "VLAN-ID"

 VLAN IDは最大4094まで使える機種もありますが、1006以上は拡張範囲VLANと言って留意点も多くなってきます。デフォルトVLANが1、1002〜1005が予約されているため、可能であれば2〜1001までの間で作成する事をお奨めします。

 作成可能なVLAN数は装置に寄って異なります。1,000以上作れる装置が殆どですが、中には64個という装置もあります。

設定例

 VLAN 10を作成する設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# vlan 10
Cisco(config-vlan)#

 上記のようにvlanを含んだプロンプトに変わり、VLANコンフィギュレーションモードに移行します。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no vlan "VLAN-ID"
Cisco(config)#

 上記により指定したVLANだけ削除されます。

 最初から作成されているVLAN 1、1002〜1005は削除出来ません。

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加