show vlan

Catalystのshow vlanコマンドについて、構文や表示された結果の見方を表示例交えて説明しています。

説明

 show vlanコマンドを使うとどの物理インターフェースにどのVLANが割り当てられているか等のVLAN情報を確認出来ます。

構文

 show vlanコマンドの構文は以下の通りです。

show vlan [ brief | id "VLAN-ID" ]

 briefを付けると簡易表示になります。

 idを付けるとVLAN-IDで指定したVLANの情報だけ表示する事が出来ます。VLAN-IDは10,20を指定すると10と20、10-20を指定すると10〜20のVLAN情報というように複数のIDを同時に指定する事も出来ます。

表示例

 show vlan briefの表示例は以下の通りです

Cisco# show vlan brief
VLAN Name     Status  Ports
---- ---------------- ------------------
1    default  active  Gi0/1, Gi0/2, Gi0/3, Gi0/4
                      Gi0/5, Gi0/6, Gi0/7, Gi0/8
                      Gi0/9, Gi0/10, Gi0/11, Gi0/12
                      Gi0/13, Gi0/14, Gi0/15, Gi0/16
                      Gi0/17, Gi0/18, Gi0/19, Gi0/20
                      Gi0/21, Gi0/22, Gi0/23
10   test10   active  Gi0/24
1002 fddi-default     act/unsup
1003 trcrf-default    act/unsup
1004 fddinet-default  act/unsup
1005 trbrf-default    act/unsup

 上記ではGi0/24にVLAN10が割り当てられています。又、VLAN1はデフォルトで作成されているVLANで全てのインターフェースはデフォルトでVLAN1に属しています。

 show vlanの表示例は以下の通りです

Cisco# show vlan
VLAN Name     Status  Ports
---- ---------------- ------------------
1    default  active  Gi0/1, Gi0/2, Gi0/3, Gi0/4
                      Gi0/5, Gi0/6, Gi0/7, Gi0/8
                      Gi0/9, Gi0/10, Gi0/11, Gi0/12
                      Gi0/13, Gi0/14, Gi0/15, Gi0/16
                      Gi0/17, Gi0/18, Gi0/19, Gi0/20
                      Gi0/21, Gi0/22, Gi0/23
10   test10   active  Gi0/24
1002 fddi-default     act/unsup
1003 trcrf-default    act/unsup
1004 fddinet-default  act/unsup
1005 trbrf-default    act/unsup

VLAN Type  SAID   MTU  Parent RingNo BridgeNo Stp Brdg Mode Trans1 Trans2
---- ----  ------ ---- ------ ------ -------  --- -------- ------ ------
1    enet  100001 1500 -      -      -        -   -        1002   1003
10   enet  100010 1500 -      -      -        -   -        -      -
1005 trnet 101005 1500 -      -      -        ibm -        0      0

Remote SPAN VLANs
------------------------------------------------------------------------
略・・・

 上記のように、インターフェースへの割り当てだけでなく、MTU等様々な情報が確認出来ます。

 show vlan id 10とidを付けて実行するとVLAN 10の情報だけ表示されます。

利用可能なモード

・特権EXECモード

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加