vtp domain

Catalystのvtp domainコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 vtp domainコマンドを使うとVTPで使うドメイン名を設定出来ます。

 VTPを使うとサーバーモードに設定したスイッチからVLAN情報を送信し、クライアントモードに設定したスイッチでVLANを自動作成、変更、削除等が出来ます。

VTPの説明

 サーバーモードのスイッチで変更したVLAN情報は同じドメイン名が設定されたスイッチで反映されます。

 クライアントモードのスイッチではドメイン名も自動取得するため、ドメイン名の設定は必須ではありません。

 サーバーモードのスイッチではドメイン名の設定が必須です。

 尚、サーバーモードのスイッチも他のサーバーモードのスイッチのVLAN情報を受信して反映します。サーバーモードのスイッチは同じドメイン内に複数存在出来ます。

構文

 vtp domainコマンドの構文は以下の通りです。

vtp domain ドメイン名

 ドメイン名は1〜32文字です。

 デフォルトではドメイン名は設定されていません。

設定例

 vtp domainコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# vtp domain test
Cisco(config)#

 上記でVTPドメイン名がtestに設定されます。

 同じドメイン名を設定したサーバーモードのスイッチやクライアントモードのスイッチ間でVLAN情報が共有されます。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 削除は出来ません。

 他のスイッチとVLAN情報を共有させたくない場合は、スイッチをトランスペアレントモードやオフに設定する必要があります。

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加