line

CiscoルータやCatalystのlineコマンドについて、構文や使い方を利用例交えて説明しています。

説明

 lineコマンドはグローバルコンフィギュレーションモードからラインコンフィギュレーションモードに移行する時に使います。

lineコマンドの説明

 ラインコンフィギュレーションモードではコンソールやtelnet、ssh等でCiscoルータやCatalystに接続する時のパスワードの認証、接続元の制限等が出来ます。

構文

 コンソール接続の設定を行う時のlineコマンドの構文は以下の通りです。

line console 0

 省略形の例はline con 0です。

 telnetやssh接続の設定を行う時のlineコマンドの構文は以下の通りです。

line vty 開始回線 終了回線

 開始回線、終了回線は、例えば16セッション分一度に定義する場合は0 15等と指定します。

利用例

 コンソール接続の設定を行う時のlineコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco(config)# line console 0
Cisco(config-line)#

 プロンプトは(config-line)を含んだ形に変わり、ラインコンフィギュレーションモードに移行します。

 telnetやssh接続の設定を行う時のlineコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco(config)# line vty 0 15
Cisco(config-line)#

 ラインコンフィギュレーションモードに移行後、パスワード等の設定が行えます。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、telnet、ssh接続等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加