interface

CiscoルータやCatalystのinterfaceコマンドについて、構文や使い方を利用例交えて説明しています。

説明

 interfaceコマンドはグローバルコンフィギュレーションモードからインターフェースコンフィギュレーションモードに移行する時に使います。

interfaceコマンドの説明

 インターフェースコンフィギュレーションモードではVLANやIPアドレスを割り当てたり、ポートチャネル等、インターフェースに関する様々な設定が行えます。

構文

 interfaceコマンドの構文は以下の通りです。

interface インターフェース

 インターフェースとして指定可能な例は以下の通りです。

【指定可能なインターフェース例】
指定 説明 指定例
fastethernet 100Base-TX fastetnernet0/1
gigabitethernet 1000Base-T、LX、SX gigabitethernet0/1
tengigabitethernet 10Gbase-T、SR、LR tengigabitethernet0/1
vlan VLANインターフェース vlan 10
port-channel ポートチャネル port-channel 1
loopback ループバックインターフェース loopback 0

 省略形の例はint gi0/1です。100Base-TXではfa0/1、10GBase-T、SRやLXではte0/1等と省略出来ます。ポートチャネルはpo 1、ループバックインターフェースはlo 0等と省略可能です。

 複数のインターフェースに一度に設定する場合は以下のようにrangeを指定する事も出来ます。

interface range 複数インターフェース

 複数インターフェースの指定は以下の区切りが使えます。

【指定可能な区切り】
区切り 説明 指定例
- 連続したインターフェース fastetnernet0/1 - 5
, 不連続なインターフェース gigabitethernet0/1 , gigabitethernet0/5

interfaceコマンド利用例

 interfaceコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)#

 プロンプトが(config-if)を含んだ形になり、インターフェースコンフィギュレーションモードに移行し、gigabitethernet0/1の設定が行えるようになります。

 スタック可能なスイッチの場合はgigabitethernet2/0/3等、3つの数字で指定する事があります。最初の数字がスタックした時の番号です。

スタックした時のインターフェース指定例

 VLANインターフェースを指定する例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface vlan 10
Cisco(config-if)#

 上記でVLAN10インターフェースに対する設定が行えます。VLANインターフェースは主としてスイッチで利用し、IPアドレス等を割り当て、VLAN間ルーティングを行うために使われます。

VLANインターフェースの説明

 vlanコマンドでVLANが作成されていなかった場合、自動的にVLANが作成されます。

 ポートチャネルを指定する例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface port-channel 1
Cisco(config-if)#

 上記でポートチャネル1インターフェースに対する設定が行えます。ポートチャネルはイーサチャネル(リンクアグリゲーション)を構成した時に作成されるインターフェースです。

ポートチャネルの説明

 上記では2つの物理インターフェースをイーサチャネルにより1つの論理的なインターフェースとして扱っています。

interface rangeコマンド利用例

 interface rangeコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface range gigabitethernet0/1 - 5
Cisco(config-if-range)#

 上記でgigabitethernet0/1〜5までのインターフェースを一度に設定出来るようになります。

 指定するインターフェースが不連続の場合の利用例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface range gigabitethernet0/1 , gigabitethernet0/5
Cisco(config-if-range)#

 上記でgigabitethernet0/1とgigabitethernet0/5の2つのインターフェースを一度に設定出来るようになります。

 以下のように連続したインターフェースと不連続なインターフェースを組み合わせて指定する事も出来ます。

Cisco(config)# interface range gigabitethernet0/1 - 5 , gigabitethernet0/10 - 20
Cisco(config-if-range)#

 上記でgigabitethernet0/1〜5、gigabitethernet0/10〜20と2つの連続したインターフェースを設定する事が出来るようになります。

削除

 VLANインターフェース、ポートチャネルインターフェース、ループバックインターフェースは以下で削除可能です。

no interface インターフェース

 例えばno interface vlan 10を実行するとVLAN 10のインターフェースが削除されます。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

関連ページ

・設定編「コマンドの使い方

 interfaceコマンドだけでなく、Catalystの設定を行うために知っておく必要があるコマンドの使い方について説明しています。

・設定編「リンクアグリゲーションの設定

 Catalystのリンクアグリゲーションの設定方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加