exit

CiscoルータやCatalystのexitコマンドについて、構文や使い方を利用例交えて説明しています。

説明

 exitコマンドはグローバルコンフィギュレーションモードから特権EXECモードに戻る等、1つ前のモードに移行する時に使います。

exitコマンドの説明

 インターフェースコンフィギュレーションモードやVLANコンフィギュレーションモードからグローバルコンフィギュレーションモードへ戻る等、様々なモードから1つ前のモードに戻れます。

 ユーザーEXECモードや特権EXECモードでexitコマンドを実行するとログアウトします。

構文

 exitコマンドの構文は以下の通りです。

exit

利用例

 exitコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco(config)# exit
Cisco#

 上記はグローバルコンフィギュレーションモードから特権EXECモードに戻る時の例です。

 インターフェースコンフィギュレーションモードからグローバルコンフィギュレーションモードに戻る時は以下になります。

Cisco(config-if)# exit
Cisco(config)#

 VLANコンフィギュレーションモードからグローバルコンフィギュレーションモードに戻る時は以下になります。

Cisco(config-vlan)# exit
Cisco(config)#

 つまり、configure terminal、interfaceやvlanコマンドで各モードに移行した後、元に戻る時に使います。

 特権EXECモードでの利用例は以下の通りです。

Cisco# exit
Switch con0 is now available

Press RETERN to get started.

 ログアウトします。

利用可能なモード

・ユーザーEXECモード

・特権EXECモード

・グローバルコンフィギュレーションモードモード

・グローバルコンフィギュレーションモードから移行する各モード

関連ページ

・設定編「コマンドの使い方

 exitコマンドだけでなく、Catalystの設定を行うために知っておく必要があるコマンドの使い方について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加