ネットワークコマンド/CCNA対策(スイッチ編)

CCNA対策としてスイッチのネットワークコマンドを実際に投入して習得出来ます。使い方が分からない場合は「コマンドを打って覚えるCCNA対策」をご参照下さい。

 スイッチAで以下の確認をして下さい。

ネットワークコマンド/CCNA対策(スイッチ編)1
・xxxと間違ったコマンドを入力する
・DNS名前解決が出来るようにする
・pingでswcから応答がある事を確認する
・tracerouteでswcへの経路を調べる
・xxxと入力して待ちが発生しない事を確認する
・DNSを停止する
・xxxと入力して待ちが発生しない事を確認する
・ping swcで名前解決出来ない事を確認する
・traceroute swcで名前解決出来ない事を確認する
・pingで172.16.2.2から応答がある事を確認する
・tracerouteで172.16.2.2への経路を調べる
【コマンド入力】
Press RETERN to get started.
Press RETERN to get started.の右でクリックするとカーソルが点滅します。そのままエンターキーを押します。

 コマンドが不明な場合は上記で検索するとブラウザの新規ウィンドウ、又はタブが開きます。又、以下でヒントと解説を参照出来ます。1度クリックするとヒント、又は解説が開き、もう1度クリックすると閉じます。

 使えるコマンドは以下の通りです。

・enable
・configure terminal
・ping 172.16.2.2
・ping swc
・ping swc.example.com
・traceroute 172.16.2.2
・traceroute swc
・traceroute swc.example.com
・xxx
・ip name-server 172.16.3.2
・ip domain-name example.com
・no ip domain-lookup
・exit

 指定された順番通りに設定した場合の解説は以下になります。

・xxxと間違ったコマンドを入力する
 まずエンターキーを押すとSwitchA>プロンプトが表示されます。enableコマンドを入力して特権EXECモードに移ります。
 特権EXECモードでxxxと入力するとTranslaing "xxx"...domain server (255.255.255.255)と表示されてDNSのタイムアウト待ちになります。実機ではコマンドを間違う度に待たされる事になります。
・DNS名前解決が出来るようにする
 configure terminalでグローバルコンフィギュレーションモードに移り、ip name-server 172.16.3.2と入力し、DNSサーバーを設定します。
 次にip domain-name example.comと入力し、ドメイン名を設定します。ドメイン名を設定するとswcと入力するだけでexample.comをプラスしてswc.example.comとして名前解決してくれます。
・pingでswcから応答がある事を確認する
 exitで特権EXECモードに戻り、ping swcと入力して!!!!!が表示されている事を確認します。応答がない場合は.....と表示されます。又、ドメイン名を設定していない場合、ping swc.example.comと入力が必要です。
・tracerouteでswcへの経路を調べる
 traceroute swcと入力して172.16.1.1、172.16.2.2共に応答時間が表示される事を確認します。応答がない場合は*で表示されます。又、ドメイン名を設定していない場合、traceroute swc.example.comと入力が必要です。
・xxxと入力して待ちが発生しない事を確認する
 xxxと入力してDNSの問い合わせでもDNSから応答があるとすぐにプロンプトが返ってくる事を確認します。
・DNSを停止する
 configure terminalでグローバルコンフィギュレーションモードに移り、no ip domain-lookupと入力し、DNSで名前解決しないように設定します。
・xxxと入力して待ちが発生しない事を確認する
 exitを入力して特権EXECモードに戻った後、xxxと入力してDNSの名前解決が動作しない事を確認します。デフォルトではコマンドを間違う度に待たされるため、DNSを利用しない場合はno ip domain-lookupで名前解決をしないように設定すると良いと思います。
・ping swcで名前解決出来ない事を確認する
 ping swcと入力しても名前解決が出来ません。
・traceroute swcで名前解決出来ない事を確認する
 traceroute swcと入力しても名前解決が出来ません。
・pingで172.16.2.2から応答がある事を確認する
 ping 172.16.2.2と入力すると名前解決不要のため、応答があります。
・tracerouteで172.16.2.2への経路を調べる
 traceroute 172.16.2.2と入力すると名前解決不要のため、応答があります。

サイト関連1

資格・就職「CCNA試験対策

キーマンズネット1

ネットワークの基礎解説、資格の過去問でおさらい「初級ネットワーク講座とは
シスコシステムズ社と提携した練習問題が無料「ITキャパチャージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加