port-channel load-balance

Catalystのport-channel load-balanceコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 port-channel load-balanceコマンドはイーサチャネルの負荷分散方法を設定します。負荷分散を定義する事でフレーム毎にどの物理インターフェースを使うのかが決まります。

イーサチャネル負荷分散の説明

 送信元、宛先、IPアドレス、Macアドレス等、様々な情報を元に負荷分散するように設定出来ます。

構文

 port-channel load-balanceコマンドの構文は以下の通りです。

port-channel load-balance 負荷分散方法

 負荷分散方法は以下が指定出来ます。

【イーサチャネル負荷分散方法】
指定 意味
src-mac 送信元MACアドレス
dst-mac 宛先MACアドレス
src-dst-mac 宛先と送信元MACアドレスの組み合わせ
src-ip 送信元IPアドレス
dst-ip 宛先IPアドレス
src-dst-ip 宛先と送信元IPアドレスの組み合わせ
src-port 送信元ポート番号
dst-port 宛先ポート番号
src-dst-port 宛先と送信元ポート番号の組み合わせ

 ポート番号はCatalyst2960シリーズや3560シリーズ等のボックス型では指定出来ません。

 又、デフォルトはボックス型の多くはsrc-macです。シャーシ型ではsrc-dst-ip等になっています。

設定例

 宛先と送信元IPアドレスの組み合わせで負荷分散する時のport-channel load-balance設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# port-channel load-balance src-dst-ip
Cisco(config)#

 上記でパケットの宛先IPアドレスと送信元IPアドレスの組み合わせで負荷分散するようになります。

 ボックス型の負荷分散は通常、デフォルトがsrc-macのためレイヤー3スイッチとして利用する時は留意が必要です。詳細はトラブル対応の「リンクアグリゲーションが遅い」をご参照下さい。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no port-channel load-balance
Cisco(config)#

 上記によりデフォルトの設定に戻ります。

関連ページ

・設定編「リンクアグリゲーションの設定

 Catalystのイーサチャネルの設定について説明しています。イーサチャネルはCisco独自用語で一般用語ではリンクアグリゲーションと呼ばれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加