channel-group

Catalystのchannel-groupコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 channel-groupコマンドはイーサチャネルを設定するコマンドです。イーサチャネルでは複数の物理インターフェースを1つのインターフェースのように束ねる事が出来ます。

 束ねたインターフェースをポートチャネルと言い、スイッチ間をポートチャネルで接続する事で帯域を増やす事が出来ます。

イーサチャネルの説明

構文

 channle-groupコマンドの構文は以下の通りです。

channel-group チャネルグループ番号 mode モード

 指定出来るチャネルグループ番号は最低で1〜6、シャーシ型のスイッチでは1〜256(最大128個作成可能)まで使えるものもあります。

 モードはPAgPとLACPから選択出来、以下が設定可能です。

【PAgPのモード】
モード 意味
desirable 自身からイーサチャネルを構成するためネゴシエーションします。
auto 自身からはイーサチャネルを構成しようとせず、相手からネゴシエーションがあった場合のみ構成します。
【LACPのモード】
モード 意味
active 自身からイーサチャネルを構成するためネゴシエーションします。
passive 自身からはイーサチャネルを構成しようとせず、相手からネゴシエーションがあった場合のみ構成します。

 PAgPはCisco独自、LACPは標準化された規格です。このため、PAgPはCatalyst間のみ接続可能ですが、LACPは他社のスイッチと接続する事も出来ます。

 autoモードとautoモード、又はpassiveモードとpassiveモードを接続した時はイーサチャネルが構成されません。

 モードをonにして必ずイーサチャネルに組み込まれるように設定も出来ます。

 イーサチャネルはサーバーと接続する時も使え、サーバー側ではチーミングやbondingと呼ばれる事もあります。サーバー側でLACPをサポートしている事もありますが、サポートしていない場合はonで固定にする必要があります。

 チーミング、bondingにはActive/Standbyで動作するモードがあり、このモードでは1つのインターフェースだけ利用するため、スイッチ側でイーサチャネルの設定は不要です。

サーバーのbonding(Active/Standby)とスイッチ接続の説明

 又、スイッチがスタックされており、スタックを跨ってイーサチャネルを構成する時はon、又はLACPを使う必要があります。

 デフォルトでイーサチャネルは設定されていません。

設定例

 モードがonの時のchannel-groupの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# channel-group 1 mode on
Cisco(config-if)# exit
Cisco(config)# interface gigabitethernet0/2
Cisco(config-if)# channel-group 1 mode on
Cisco(config-if)# exit
Cisco(config)#

 上記設定でgi0/1とgi0/2がイーサチャネルとして構成されます。イーサチャネルは同時に8つの物理インターフェースを組み込んでアクティブにさせる事が出来ます。

 modeをonからdesirable、auto、active、passiveに変更する事で、それぞれのモードに従って動作します。

 イーサチャネルを構成した後はポートチャネルに対して物理インターフェースと同様の設定が出来ます。

Cisco(config)# interface port-channel 1
Cisco(config-if)# switchport access vlan 10
Cisco(config-if)# exit
Cisco(config)#

 つまり、channel-groupコマンドで論理的なインターフェースであるポートチャネルを作成し、そのポートチャネルに対して物理インターフェースと同様な設定が出来るようになります。

 interface port-channel 1で指定する番号はポートチャネル番号と言い、channel-groupで指定するチャネルグループ番号と合わせる必要があります。

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no channel-group
Cisco(config-if)#

 上記によりイーサチャネルに組み込まれなくなります。

 又、ポートチャネル自体を削除するコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no interface port-channel ポートチャネル番号
Cisco(config)#

関連ページ

・設定編「リンクアグリゲーションの設定

 Catalystのイーサチャネルの設定について説明しています。イーサチャネルはCisco独自用語で一般用語ではリンクアグリゲーションと呼ばれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加