copy

CiscoルータやCatalystのcopyコマンドについて、構文や使い方を利用例交えて説明しています。

説明

 copyコマンドはファイルをコピーするコマンドですが、running-configをstartup-configに保存する、startup-configのバックアップを行う、バックアップからリストアするといった使い方が出来ます。

copyコマンドの説明

 保存先の例は以下の通りです。

【running-config、startup-config、バックアップの違い】
区分 保存場所 保存タイミング 再起動時
running-config メモリ 設定変更時に動的保存 設定が消える
startup-config NVRAM コマンドにより保存 設定は消えない
バックアップ サーバー等 コマンドでバックアップ -

 他にもFlashメモリやNVRAM等のファイルシステムを指定してファイルをコピー出来ます。

構文

 copyコマンドの構文は以下の通りです。

copy コピー元 コピー先

 コピー元とコピー先の指定例は以下の通りです。

【コピー元とコピー先の指定例】
指定 オプション 説明
system:running-config - メモリ上のrunning-config
nvram:startup-config - NVRAM上のstartup-config
tftp: //IPアドレス/ディレクトリ/ファイル名 サーバとTFTP転送
ftp: //ユーザー名:パスワード@IPアドレス/ディレクトリ/ファイル名 サーバとFTP転送
rcp: //ユーザー名@IPアドレス/ディレクトリ/ファイル名 サーバとRCP転送
flash: /ディレクトリ/ファイル名 Flashファイルシステム
nvram: /ディレクトリ/ファイル名 NVRAMファイルシステム

 ディレクトリがない場合は省略する事も出来ます。

 TFTP、FTP、RCPでオプションを省略すると、IPアドレス等を対話式で入力します。又、サーバー側で各サービスが動作している必要があります。

 どのようなファイルシステムが使えるかはshow file systemsコマンドで確認出来ます。

running-config保存例

 copyコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco# copy running-config startup-config

 running-configやstartup-configは上記のようにsystem:、nvram:を省略出来る場合があります。

 上記で現在動作中のコンフィグが保存され、CiscoルータやCatalystを再起動した時も設定が消える事がなくなります。

 省略形の例はcopy run startです。

バックアップ例

 TFTPを利用したバックアップ例は以下の通りです。

Cisco# copy nvram:startup-config tftp://172.16.1.100/test/Cisco_1.txt

 上記でstartup-configがIPアドレス172.16.1.100のサーバー上のtestディレクトリ配下Cisco_1.txtファイルに保存されます。

 FTPを利用したバックアップ例は以下の通りです。

Cisco# copy nvram:startup-config ftp://test:pass@172.16.1.100/test/Cisco_1.txt

 上記でstartup-configがIPアドレス172.16.1.100のサーバー上のtestディレクトリ配下Cisco_1.txtファイルに保存されます。ユーザー名とパスワードはtestとpassにしていますが、サーバーで使えるユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

 RCPを利用したバックアップ例は以下の通りです。

Cisco# copy nvram:startup-config rcp://test@172.16.1.100/test/Cisco_1.txt

 上記でstartup-configがIPアドレス172.16.1.100のサーバー上のtestディレクトリ配下Cisco_1.txtファイルに保存されます。ユーザー名はtestにしていますが、サーバーで使えるユーザー名を入力する必要があります。

リストア例

 TFTPを利用したリストア例は以下の通りです。

Cisco# copy tftp://172.16.1.100/test/Cisco_1.txt nvram:startup-config

 上記でIPアドレス172.16.1.100のサーバー上のtestディレクトリ配下Cisco_1.txtファイルがstartup-configにリストアされます。

 FTPを利用したリストア例は以下の通りです。

Cisco# copy ftp://test:pass@172.16.1.100/test/Cisco_1.txt nvram:startup-config

 上記でIPアドレス172.16.1.100のサーバー上のtestディレクトリ配下Cisco_1.txtファイルがstartup-configにリストアされます。ユーザー名とパスワードはtestとpassにしていますが、サーバーで使えるユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

 RCPを利用したリストア例は以下の通りです。

Cisco# copy rcp://test@172.16.1.100/test/Cisco_1.txt nvram:startup-config

 上記でIPアドレス172.16.1.100のサーバー上のtestディレクトリ配下Cisco_1.txtファイルがstartup-configにリストアされます。ユーザー名はtestにしていますが、サーバーで使えるユーザー名を入力する必要があります。

 startup-configにリストアした後は、再起動して設定を反映させる必要があります。

startup-config一時退避

 startup-configをflashに他のファイル名でコピーする例は以下の通りです。

Cisco# copy nvram:startup-config flash:backup-config

 backup-configというファイル名でコピーしていますが、試験等で設定を大きく変える時に一時退避したい時に使えます。

 試験が終わった後はstartup-configを削除し、backup-configをstartup-configにコピー、装置を再起動すると元に戻ります。

利用可能なモード

・特権EXECモード

関連ページ

・設定編「設定の保存と参照方法

 Catalystの設定保存方法や参照方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加