inSSIDer

無線LANはケーブルもないため電波の状況がどのようになっているか把握する事は重要です。電波の状態を確認出来るinSSIDerについて説明します。

inSSIDerの概要

 inSSIDerは無線の状況を確認出来るソフトウェアです。

inSSIDer1

 フリーソフトのため、自由にダウンロードして無料で利用出来ます。

inSSIDerのダウンロード

 inSSIDerは以下で「DOWNLOAD inSSIDer」をクリックしてダウンロードし、好きな場所に保存します。

http://www.metageek.net/products/inssider/

inSSIDerのインストール

 ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行します。セキュリティの警告の画面が出たら「実行」をクリックすると以下の画面になります。

inSSIDer2

 「Next>」をクリックすると以下の画面になります。

inSSIDer3

 インストール先ですが、通常は変更しなくてよいためそのまま「Next>」をクリックすると以下の画面になります。

inSSIDer4

 「Next>」をクリックしてユーザーアカウント制御の画面が出た場合は「はい」をクリックします。ファイルをコピーする画面が出た後、以下の画面になります。

inSSIDer5

 「Close」をクリックするとインストールは完了です。

inSSIDerの実行

 インストールが完了するとデスクトップに以下のアイコンが表示されるためダブルクリックして起動します。

inSSIDer6

画面の見方

 起動すると以下の画面になります。

inSSIDer1

 SSID、Channel、Security、Max Rate等はこれまで説明してきた内容ですが、RSSIは電波強度です。この値が小さい程電波が強い事を示します。

 「Time Graph」のタブをクリックすると以下の画面になります。

inSSIDer7

 SSID毎に時系列で電波強度を確認出来ます。

 「2.4 GHz Channels」のタブをクリックすると以下の画面になります。

inSSIDer8

 SSID毎に利用しているチャンネルが確認出来るため、重なっている周波数があれば分かります。

サイト関連1

基本編「家庭内無線LAN
応用編「企業向け無線LAN

キーマンズネット1

セキュリティ登竜門「無線LANの利用実態とリスク対策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加