transport input

CiscoルータやCatalystのtransport inputコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 transport inputコマンドはtelnetやssh等、接続出来る通信を設定するために使います。

transport inputの説明

 接続を拒否する設定も可能です。

構文

 transport inputコマンドの構文は以下の通りです。

transport input 通信

 通信はtelnet、ssh等が指定可能で、allを指定すると全て、noneを指定すると通信出来なくなります。

 transport input telnet sshと両方指定する事も出来ます。

 以前のIOSではallがデフォルトでしたが、11.1(1)以降のIOSではnoneがデフォルトになっています。

設定例

 transport inputコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# line vty 0 4
Cisco(config-line)# transport input telnet
Cisco(config-line)#

 上記では5セッションがtelnetで接続可能になります。

 次はnoneを指定した例です。

Cisco(config)# line vty 5 15
Cisco(config-line)# transport input none
Cisco(config-line)#

 上記では回線番号5〜15でtelnet、ssh等全ての接続が出来なくなります。

利用可能なモード

・ラインコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-line)# no transport input
Cisco(config-line)#

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、telnet、ssh接続等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加